抗うつ剤で心がやわらぐ|現代病の対処方法

医者

うつの症状を抑える薬

ナース

どのような病気に用いられるのか

抗うつ剤は憂鬱な気分が長期的に続く場合や普通では考えられないほど強い不安に襲われて日常生活を送ることが困難になっている場合、そして睡眠障害が見られる場合など、心の状態があまり良くない場合に用いられる薬です。以前は抗うつ剤と聞くと服用した場合の副作用が強いことがよく知られていて、服用することにとても抵抗があるものでしたが、さまざまな研究を重ねた結果、現在の抗うつ剤は医師の指示通り上手に服用することで副作用を感じる確率は依然と比べるとかなり少なくなっています。では。実際にはどういった病名の時に抗うつ剤を処方するのでしょうか。憂鬱な状態が長期的に続く病気の代表といえば言わずと知れたうつ病です。うつ病と一口に言っても一般的にうつ病と聞かれてイメージするような抑うつ状態が長期的に続くものや、抑うつ状態の時とものすごく気持ちが高揚している状態を行ったり来たりするものなど、さまざまな種類があります。通常では考えられないほどの不安に襲われる病気といえば真っ先に名前が挙がるのがパニック障害です。パニック障害はその場面や場所で過去に忘れられないほどの辛い経験をしたことがトラウマになり、その場面と同じようなシチュエーションに居るだけでトラウマを受けたときと同じような体験をするのではないかという強烈な不安に襲われ、場合によっては倒れることもあります。睡眠障害は上記二つの病気の症状の一つとして現れることも多いです。不眠症がその代表的なもので現在は男性では4割近く、女性では何と半数近くの人が睡眠障害を始めとしたさまざまなことが原因で、現在の睡眠に満足が行っていないと感じているという調査結果も出ています。さて、抗うつ剤はどうしてうつ病を始めとした心の病気に効果があるのでしょうか。実の所抗うつ剤がどうしてうつ病など心の病気に効果があるのかははっきりと解明されていません。抗うつ剤を服用するとモノアミンと呼ばれる物質が増えることが分かっています。モノアミンは神経伝達物質で野の中に無数にある神経同士の橋渡しをする役目をしていて、うつ病の患者さんの多くにこのモノアミンの減少が見られることから、モノアミンの減少によって抑うつな気分が促進されるのではないかと考えられています。減少したモノアミンを抗うつ剤を服用することによって補充し、抑うつな思考を改善させるというのが抗うつ愛を服用する狙いです。その他にうつ病に関係する脳内物質としては興味や意欲をつかさどっているノルアドレナリンや楽しい気分を増長させる効果のあるドーパミンなどがあり、患者さんの症状によってこれらの脳内物質に作用する効果をもたらす抗うつ剤を用いることもあります。抗うつ剤は使用する人の体質によって合う合わないがものすごくある薬です。はじめはごく少量の色々な種類の薬を使いながら、その人の最も合う抗うつ氏を探していくこととなります。もし患者にあまり適していない抗うつ愛だった場合には副作用が現れる場合もあります。よく起こる副作用が食用不振や吐き気といった消化器系関係への悪影響、そして頭痛やめまいといった中枢神経への悪影響です。これらの症状が出る場合はすぐに医師に伝えましょう。他の薬に変えてもらうことが出来ます。