抗うつ剤で心がやわらぐ|現代病の対処方法

医者

薬とうまく付き合う方法

女の人

副作用の解消方法を学んでおこう

病院の精神科や心療内科でうつ病を診てもらっている人は、医師の指示に従って治療に臨めば良いのですが、全てを医師任せにすることは避けましょう。どんなに信頼できる医師に診てもらっていても、自分がどのような効果のある抗うつ剤を飲んでいるのかわからなければ、安心して治療に集中することはできません。また、うつ病のような心の病は、精神的な影響を受けやすいです。自分が効果の確かな薬を服用していると意識するだけで症状が緩和することもあるので、抗うつ剤の特性をしっかりと把握しておきましょう。抗うつ剤はうつ病の治療に有効なであるということは有名ですが、具体的には神経に作用する薬です。脳だけでなく全身に張り巡らされて全ての神経に作用するため、一度副作用が現れれば大きな影響を受けることとなります。まずは副作用が現れた時に備えて、対処方法を把握しておきましょう。抗うつ剤は、セロトニンという神経伝達物質に強く作用する薬です。当然、体よりも脳に強い影響を与えることになるため、副作用が現れるとすれば頭痛症状です。頭痛が起こる可能性は極めて低いですが、頭痛症状が現れたら頭痛薬を服用して様子を見ましょう。市販の頭痛薬で構いません。痛み止めを服用すれば症状が緩和されることが多いので、すぐに服用しましょう。万が一頭痛薬を服用しても症状が改善しない場合には、抗うつ剤自体が体に合っていない可能性が高いといえます。無理に服用し続けるようなことはせずに、すぐに医師に相談して抗うつ剤の種類や量を変えてもらって下さい。また、抗うつ剤によっては頭痛の他にも、むくみや体重増加といった症状が引き起こされることがあります。多少むくみや体重増加が気になったとしても、体に深刻な影響を与えるようなことはないので、特に対処をしなくても構いません。ただ、あまりに副作用が気になるという時場合、無理なダイエットを行うと精神面にも肉体面に悪い影響を与えることになるので、摂取カロリーを減らしたりマッサージを行いましょう。薬の副作用なので、当然抗うつ剤を止めれば症状は一ヶ月程度で改善できますが、そうなるとうつ病が進行する恐れがあります。極力薬は飲み続けて、生活習慣で症状改善を目指して下さい。抗うつ剤に限られたことではありませんが、薬を服用していると口の中の渇きを覚える人が少なくありません。ガムや飴を食べてしまうと耐重増加に繋がったり、口内環境が悪化する原因になるので、キシリトールが配合されていたり糖分が多く含まれていないものを選ぶように心がけましょう。また、当分の含まれた飲料ではなく水やお茶を摂取するようにして下さい。時々目がかすむといった副作用も現れることがありますが、基本的にはすぐに回復します。一時的なものなのであわてる必要はないでしょう。目薬を指したりパソコンの仕様を控えるなど、視神経のケアを行って乗り切ります。抗うつ剤は様々な副作用を引き起こす可能性がありますが、実際に副作用に悩まされる確率は低いものです。まずはうつ病を改善しないことには意味がないので、抗うつ剤とうまく付き合っていく道を考えてうつ病改善を目指しましょう。