抗うつ剤で心がやわらぐ|現代病の対処方法

薬とうまく付き合う方法

女の人

頭痛や目のかすみなど、神経に働きかける抗うつ剤には様々な副作用が現れる可能性があります。しかし、薬を服用し続けなければうつ病は改善しないので、薬を服用しながらうまく副作用を解消できる方法を考えましょう。

うつの症状を抑える薬

ナース

現在はストレスを感じる場面がとても多くなってきています、その影響もあって心の病で苦しんでいる人は増加の一途をたどっています。心の病気に対して一定の効果を示している薬が抗うつ剤です。

治療で元気を取り戻す

薬

脳の風邪ともいわれるうつ病。このうつ病の治療に使われるのが抗うつ剤です。この薬を使うには、正しい知識を身につけないといけません。なぜなら、うつといっても状態によって効くこともあればそうでないこともあるからです。

うつ病を患ったら

ドクター

しっかり病院を選ぶ

うつ病は現代病の一つとして認知されています。ストレス社会とも言われている昨今では、珍しい病気ではなく、誰でも発症する可能性がある病気なのです。初期の段階では、ただの疲れと勘違いする人も多く、気づいたころには鬱の症状が重いものになっていることもあります。その為、早めに気づいて治療を進めていくことが大事なのです。体が疲れやすくなったり、眠りが浅くなったり、体に違和感が出たら病院へ足を運びましょう。病院に行くと、専門のカウンセラーや医師のカウンセリングを受けることになります。そして、症状の程度に合わせて薬物治療を始めていきます。薬物治療で使用されている薬が「抗うつ剤」です。この抗うつ剤は、大きくわけると2種類に分別出来ます。選択的セロトニン再取り込み阻害薬とセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬です。また、これらと同時に睡眠導入薬や抗不安剤が処方されることも少なくありません。はじめのうちは処方薬の多さに戸惑うこともあることでしょう。しかし、きちんと処方された薬を飲むと言うことが重要です。また、勝手に服薬を辞めたり、一日の量を増やしたりするのは絶対やめましょう。なぜなら、症状が悪化することがあるからです。その為、抗うつ剤は医師の指示通りに服用することが重要です。そして、抗うつ剤を使用した薬物療法と並行して精神療法を実施することがほとんどです。精神療法をきちんと行なうことで、完治後の再発予防にもなります。この精神療法は、マイナス思考を断ち切る認知行動療法と 対人関係の問題を解決する対人関係療法があります。しかし、精神療法は信頼のおける医師による治療を受けないと効果が薄くなります。その為、カウンセリング時に医師との相性を確認しましょう。医師が一方的に話をしていたり、薬に関する説明を十分にしてくれなかったりする場合には、他の病院に転院することをお勧めします。そして、効率よく良い医師が在籍している病院を見つけたいと言う場合には、口コミサイトやランキングサイトを確認しましょう。これらのサイトでは、医師の口コミを確認することが出来ます。実際に通院中の患者の声などが記載されているので、有益な情報を入手することが出来るはずです。また、自身が病院に掛かる時だけでなく、家族がうつ病の疑いで病院を探しているときにも活用することが可能です。しかし、家族の方がうつ病を抱えている場合、むりやり病院へ連れて行くようなことは辞めましょう。きちんと、本人が納得した上で治療を進めていかないと意味がないからです。また、悩んでいる原因を聞き出そうとしたり、過剰に気を使うことも避けるようにしましょう。また、家族の大黒柱がうつ病になって働く事が難しくなった場合、家族も経済的に不安を感じることもあるでしょう。しかし、患者本人に経済面の愚痴をこぼしたり、相談をしたりしてはいけません。よけいに不安な気持ちを掻き立てて、症状が悪化してしまうこともあるからです。患者本人にはしっかりと休養を取ってもらい、少し落ち着いてから病院での治療を進めてみることをお勧めします。